貸金業法改正とクレジットカードの関係性

近年、貸金業法というものが改正された事をご存じでしょうか。
一時期話題になったので、そういった事があったという事をご存じの方も多いはずです。
しかし、その中身について詳しく把握している方は実際にそれほど多くないはずです。

以前から貸金業法についてはいろいろ問題があると言われていました。
多重債務者が多くなってしまいましたり、結果的に自己破産などの債務整理に追い込まれてしまったり、という方が続出していました。
そういった現状を変えるために、貸金業法を法改正したというわけです。

その法改正ですが、実は5年程度前からその流れというものが出てきました。
クレジットカードにあまり関係ないと思っている方もいるのですが、グレーゾーン金利の問題です。
こちらについてものちほど解説していただきますがクレジットカードに関連します。
そういった問題なども含めて一気に貸金業法を改正しました。

ちなみに貸金業法の改正ですが、結果的に2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されました。
かなり最近ではありますが、そちらをクレジットカード業者も守らなければいけません。

そしてクレジットカードを利用される方も把握しておくことは必要になります。
ですので、こちらのホームページはその改正貸金業法について詳しく掘り下げます。